学校法人暁学園TOP > 学園の情報 > 安全危機管理

安全危機管理

各校の『安全・危機管理』に関するページも併せてご確認下さい。

各校(園)の当該ページへ  暁幼稚園暁小学校暁中学校・高等学校(6年制)暁高等学校(3年制)

暁学園の安全・危機管理

 

基本方針

学校法人暁学園は、社会的責任の一環として、園児・児童・生徒・学生の生命と、個人情報資産および日常の教育活動を守るために、事前に危機を予知・回避する方策・体制(安全管理)と、危機発生時の対応・体制(危機管理)を整え、被害等を最小限に留める「減災」への備えを、全教職員が協力して取り組むことに努めています。

 

「危機」の定義と制定規程

学校における危機とは、不意に発生する事件、事故、災害に限らず、個人情報等の情報管理など、学校教育の円滑な運営に支障をきたし、信頼を損なう要因すべてのことと捉え、防犯・防災等の対策に関する規程および情報セキュリティ対策に関する規程を制定しています。

安全管理・危機管理に関する方策・体制等の検証を絶えず行い、全教職員の意識を高め、社会情勢の変化を踏まえた、より効果的な方策と体制の充実に努めています。

 

統括組織

学園は、幼稚園、小学校、中学校・高等学校(6年制)、高等学校(3年制)と連携を図り、学園全体を統括指揮する目的で、諸組織を設置しています。

 

ページトップへ

気象に関する警報が発令された場合の登下校について

三重県北部に暴風警報又は特別警報(大雨・暴風・高潮・波浪・暴風雪・大雪・大津波のいずれか)が発令された場合は生命の安全確保を第一とし、保護者、教職員及び防災関係者の指示に従って行動してください。休日や長期休暇中など生徒の休業日における場合(補習、クラブ活動等)も同様です。

※表中の『三重県北部』は鈴鹿市・亀山市以北
※表中の『特別警報』は大雨・暴風・高潮・波浪・暴風雪・大雪・大津波のいずれか
※表中の『6年制』は暁中学校・高等学校(6年制)、『3年制』は暁高等学校(3年制)

始業時前に三重県北部に暴風警報又は特別警報が発令されている場合

幼稚園

午前7時現在発令中の場合は、当日は休校(園)とします。

小学校
6年制
3年制

午前7時以前に、三重県北部の暴風警報又は特別警報が解除されて登校する場合

幼稚園

途中の道路の欠損、交通機関の不通などにより、登校困難な場合は、登校しなくてもよいです。

小学校
6年制
3年制

登下校途中で、三重県北部に暴風警報又は特別警報が発令された場合

幼稚園
  • 【登園】気象状況を見て発令されそうな状況であれば、登園を控えて下さい。
  • 【降園】スクールバスも通常通り運行します。
小学校
  • 【登校】気象状況を見て、発令されそうな状況なら自宅待機して下さい。遅刻・欠席扱いになりません。
  • 【下校】学校出発時の天候状況を見て判断し、『在校中に、暴風警報が発令された場合』の場合と同様の措置を講じます。
6年制

直ちに避難または帰宅して下さい。この場合、防災避難誘導等の任にある人の指示に従って下さい。

3年制

在校中に、三重県北部に暴風警報又は特別警報が発令された場合

幼稚園

通常の通り保育します。

小学校

天候状況を見て、以下の措置を講じます。

  • 天候回復など安全が確認されるまで、学校で児童を待機させます。
  • 帰宅の安全が確認された場合、教職員引率のもと一斉下校します。
  • 天候状況により、保護者の迎えを要請する場合があります。
6年制

教職員の指示に従って行動して下さい。 原則として、帰宅させますが、風雨の状況、通学路の安否等により、学校等安全な場所に一時待機する場合もあります。 このような事態に備え、平素より保護者との連絡を密にし、出迎え、連絡方法等を明らかにしておいて下さい。

3年制

暴風警報又は特別警報以外の警報・注意報の場合

幼稚園

局地的な風雨の場合、保護者の判断に委ねます。

小学校
  • 特に学校より指示のない限り、休校としません。
  • 自宅付近の状況が危険と保護者が判断される場合、登校せず自宅待機して下さい。
    遅刻・欠席扱いにはなりません。
6年制

特に学園より指示のない限り、休校としません。

3年制

居住地域に暴風警報又は特別警報が発令されている場合

幼稚園

解除されるまで自宅に待機してください。

小学校
6年制
3年制
 

ページトップへ

地震注意情報または地震予知情報(警戒宣言)が発表された場合

東海(東南海・南海)地震注意情報または東海(東南海・南海)地震予知情報(警戒宣言)が発表された場合は生命の安全確保を第一とし、保護者、教職員及び防災関係者の指示に従って行動してください。休日や長期休暇中など生徒の休業日における場合(補習、クラブ活動等)も同様です。

※表中の『6年制』は暁中学校・高等学校(6年制)、『3年制』は暁高等学校(3年制)

在宅中に、東海(東南海・南海)地震注意情報または東海(東南海・南海)地震予知情報(警戒宣言)が発表された場合

幼稚園

当日は休校(園)とします。

小学校
6年制
3年制

登下校途中に、東海(東南海・南海)地震注意情報または東海(東南海・南海)地震予知情報(警戒宣言)が発表された場合

幼稚園

スクールバスは最寄の安全な場所に停車して安全を確保し、事後の帰宅の対応を行います。

小学校
  • 【登校】あらかじめ定められた方法に基づき、速やかに帰宅して下さい。
  • 【下校】川越富洲原駅から乗車以前は、学校へ引き返し、安全が確認されるまで学校で待機します。
  • その他の場合は、すみやかに帰宅するなど、下校時の本人若しくは保護者、教師の状況判断となります。
6年制

あらかじめ定められた方法に基づき、速やかに帰宅して下さい。この場合、防災担当者の指示に従って下さい。

3年制

在校中に、東海(東南海・南海)地震注意情報または東海(東南海・南海)地震予知情報(警戒宣言)が発表された場合

幼稚園
  • 保護者の迎えをすぐに依頼し、その間園で待機します。
  • スクールバスは運行しません。
小学校

状況を見て、以下の措置を講じます。

  • 保護者の迎え、或いは、安全が確認されるまで、学校で待機します。
  • 電車・徒歩での帰宅の、安全が確認された場合、児童最寄駅まで教員引率のもと一斉下校します。
6年制

学園は、授業・部活動を中止し、あらかじめ定められた方法に基づき、速やかに帰宅するよう指導します。状況により、学校その他安全な場所に待機するよう指導します。

3年制

 

緊急地震速報

各校(園)には地域のケーブルテレビ会社が提供する『緊急地震速報サービス』を導入しています。

気象庁から配信される地震情報を元に、ケーブルテレビ回線を通して、信頼性のある地震情報が素早く音声で届けられます。

※音声は校(園)内放送と連動しています。

 

非常食(かんぱん)と飲料水を備蓄

全学園において地震災害などに備えて、全園児・児童・生徒・学生に対して非常食(かんぱん)と飲料水を定期的に入れ替えながら備蓄しています。

 

ページトップへ

弾道ミサイル発射等によって「Jアラート」が三重県に発信された場合

弾道ミサイル発射等によって「Jアラート(全国瞬時警報発令システム)」が三重県に発信された場合には、以下のとおり対応してください。

Jアラート発信時

生徒等の対応

登校前

自宅待機してください。

  • 安全が確保できた場合は、自宅待機を解除しますので、速やかに登校してください。
  • 四日市市内または近隣市町(鈴鹿市・桑名市・いなべ市・川越町・朝日町・東員町・菰野町)に着弾した場合は、臨時休校とします。

登下校中

頑丈な建物に避難するか、適当な建物が無い場合は物陰に身を隠すか、地面に伏して頭部を守るなど、危険回避行動をとってください。

在校中

安全が確保できるまで校舎内に避難して待機してください。
また、できるだけ窓から離れてください。

 

ページトップへ

交通ストライキ時の処置について

※表中の『6年制』は暁中学校・高等学校(6年制)、『3年制』は暁高等学校(3年制)

公共交通機関などで交通ストライキが行われた場合

小学校

午前7時までに解除にならない場合は、当日は休校とします。

6年制
3年制
 

ページトップへ

防犯対策について

 

セキュリティシステム

各校(園)では教職員の勤務終了後、警備保障会社のセキュリティシステムが稼動しています。

 

緊急用手持ちブザー

全児童と中学女子生徒に対して緊急用手持ちブザーを支給し、携帯するようにしています。

 

不審者対策用備品

各校(園)に、不審者対策用の備品を常置しています。

救急救命処置について

各校(園)に、AED(自動体外式除細動器)を設置しています。

 

ページトップへ

インターネットを利用した緊急連絡配信

各校(園)では、在校生の安全・危機管理に関わる保護者様への連絡手段の一つとして、インターネットを活用した以下のような取り組みも行っています。

  • メール配信(パソコン又は携帯電話)
  • 連絡掲示(パソコン又は携帯電話)
  • 本Webサイト各校トップページの『新着情報』(パソコン又は携帯電話)
 

ページトップへ