75周年特別企画

”HISTORY OF AKATSUKI”

戦後間もない1946年に創立した暁学園の今日までの歩みを数々の写真とドローン映像でご紹介します。

ご挨拶

暁学園は本年6月20日、学園創立75周年を迎えます。幾多の苦難を乗り越え、今の学園があるのは、6万人を超える学園卒業生、保護者の皆様、関係者、四日市市、三重県、地域の皆様のご支援の賜物に他なりません。学園教職員一同、深く感謝申し上げます。

学園の歴史は終戦翌年、全国有数の業績を誇った平田紡績株式会社の宗村佐信(むねむらすけのぶ)社長が開設した、県下初の私立女子高等教育機関、「暁女子専門学校」から始まりました。初代理事長の下、わずか4年で短期大学から幼稚園が揃う学園綱領「人間たれ」を掲げる総合学園を完成させ、宗村南男(なんお)第三代理事長時代には、中高一貫校の発足、高校の共学制復活、四日市大学と四日市看護医療大学の開学をし、発展してまいりました。

大きな節目にあたり、学園教職員一同は、100周年をはるかに見据えながら、学園創立者の願いに立脚し、学園の総力を結集して普遍的使命を果たし続けていく決意を新たにしております。

世界が感染症に苦しめられる中、6月に予定していた記念式典は延期しましたが、この節目の年が、暁学園の歴史と理念と決意を、一人でも多くの人にお伝えするメモリアルイヤーとなるよう、学園を挙げて様々な記念事業を展開してまいります。

今後とも末永く、学園に一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

暁学園創立75周年記念事業のご案内

新学園本部棟・新教育棟建設事業
(令和4年秋完成予定)
老朽化した学園本部棟と旧短大校舎(A棟・B棟)を解体し、新学園本部棟と新教育棟を建設します。

 

記念式典・学園教職員物故者慰霊祭
(延期)
日程等は感染状況を鑑みて検討中です。
75周年記念誌の発刊
テーマ ~ 結集 ~
(令和3年度末発刊)
学園各校の通史、故宗村南男第3代理事長に関する記録、学園の知られざるエピソードや未公開写真、資料も紹介する記念誌を制作します。
寄附金事業の開設
学園本部棟・新教育棟建設事業へのご支援と、学園各校の教育振興への恒常的なご支援をお願いする二種の寄附事業を新たに開設しました。
75周年記念ロゴの製作 平和と幸福を象徴する鳩と校章のクローバーをモチーフにした記念ロゴを選定しました。
75周年記念ポスターの製作と掲出 幼稚園児から大学生が初代理事長像を囲み、祝意と創立者への敬意と結集を表現しました。
学園代表HP学園報での情報発信 学園代表HPや学園報記事の中で学園の歴史や記念事業について随時ご紹介していきます。