数 学

個々の適性に応じた習熟度別授業

本校では中学2年より習熟度別授業を展開しています。課題チェックや小テストをこまめに実施し、生徒の学力が着実に伸びる指導を行います。生徒自身が「わかる」と感じることに重きを置き、個々にふさわしいアプローチをすることにより、理解度が深まります。また、単に知識を身につけたり問題の解法を学ぶだけでなく、数学の奥深さや面白さを発見し、数学的センスを身につけられる指導を行います。

学び合い学習で説明力や理解力の形成

日常的に学力を定着させ、さらに効率よく徹底的に磨き上げることにより、数学的思考力や論理性を形成します。積極的に「日本ジュニア数学オリンピック」や「日本ジュニア数学コンクール」に参加し、多くの生徒が入賞しています。

一人ひとりの自発的な学習をサポート

朝礼前、休み時間、放課後に生徒同士で授業内容について話し合う姿や、より深めようと教員に質問をする姿がよく見られます。授業中においてもグループ学習を取り入れることで1人1人が対話の中で数学について学ぼうとする姿勢や、説明力や理解力を育てます。

理 科

中学校理科 ~知識と技能を身につけ、理科の楽しさを体感~

知識や技能の伸長

「科学の甲子園ジュニア」や「科学の甲子園」、「国際科学技術コンテスト」などの大会希望者を対象に、発展的な内容を扱う補習を行い、授業で理解した知識や技能を伸長させています。毎年、各種大会に多くの生徒が積極的に参加し、入賞や全国大会に出場しています。