記事検索

2022/11/29

【中学男子テニス部】三重県新人テニス大会 準優勝

【中学男子テニス部】三重県新人テニス大会 準優勝 その1 【中学男子テニス部】三重県新人テニス大会 準優勝 その2

11月26日(土)四日市ドームで開催された「三重県中学生新人テニス大会」で準優勝を果たしました。決勝戦では大池中学校に敗れはしたものの、参加選手全員が出場して勝ち取った準優勝。選手一人ひとり、またチームとしても着実に力をつけてきている証です。
この結果を踏まえて12月18日(日)東山公園テニスセンター(名古屋)で開催される「東海新人テニス大会」の三重県代表として正々堂々と戦って参ります。

2022/11/28

【中学女子テニス部】県新人2連覇達成

【中学女子テニス部】県新人2連覇達成 その1 【中学女子テニス部】県新人2連覇達成 その2

中学女子テニス部です。
11月27日に四日市ドームで開催された、「三重県中学生新人テニス大会」で昨年度に続き優勝しました。10月の三泗地区大会では決勝で敗れ、悔しい思いをしましたが、見事にその思いをばねにして、今大会では力を発揮していました。
チームのメンバーが変わっていく中で連覇する重圧は、中学生にとって大きいものですが、それを跳ね返すだけの力がついてきたことが頼もしく感じられます。
この結果を受けて、12月の東海新人への出場権を手に入れました。こちらも春の全国選抜につながる重要な大会です。あと3週間しかありませんが、できることは必ずあります。
とはいえ、練習再開は今週末から。
まずは中学生の本分、期末テストに向けて全力で臨むのみですね。

2022/11/21

第75回三泗地区中学校英語スピーチ・英作文コンテスト (75th JHS Sanshi Speech/Essay Contest)

第75回三泗地区中学校英語スピーチ・英作文コンテスト (75th JHS Sanshi Speech/Essay Contest) その1 第75回三泗地区中学校英語スピーチ・英作文コンテスト (75th JHS Sanshi Speech/Essay Contest) その2 第75回三泗地区中学校英語スピーチ・英作文コンテスト (75th JHS Sanshi Speech/Essay Contest) その3 第75回三泗地区中学校英語スピーチ・英作文コンテスト (75th JHS Sanshi Speech/Essay Contest) その4

第75回三泗地区中学校英語スピーチ・英作文コンテストが開催されました。 三泗地区は29校で構成されており、スピーチの部では、各学校から1名の生徒が代表として出場しました。英作文は各校2名(58人)が出場しました。

結果:
スピーチの部(暗唱):1位 蛯原 京美さん(1年)
英作文の部: 1位 後藤 藍さん(3年)
       3位 黒田 怜奈さん(2年)

おめでとうございます! 素晴らしい結果でした。

* 写真①(コンテスト前の参加賞)左から蛯原さん、(中)後藤さん、(右)黒田さん
* 写真② 蛯原さんのスピーチ風景
* 写真③ 蛯原さん(3日後の発表結果賞状頂きました) 
* 写真④(左)黒田さん、(右)後藤さん(同上)

75th Sanshi Area Junior High School English Speech and Composition Contest. The Sanshi Area consists of 29 schools. In the Speech Contest, one student from each school is represented. In the Composition Contest, two students from each school are represented (58 students.)

Results:
Speech: 1st Place, Kyomi Ebihara (7th Grade)
Composition: 1st Place, Ran Goto (9th Grade)
Composition: 3rd Place, Reina Kuroda (8th Grade)

Congratulations! A fantastic display!

2022/11/18

【3学年】フィールドワーク3日目②

【3学年】フィールドワーク3日目② その1 【3学年】フィールドワーク3日目② その2 【3学年】フィールドワーク3日目② その3 【3学年】フィールドワーク3日目② その4

フィールドワーク3日目ラストを飾るのは、豊洲にあるチームラボプラネッツです。
限られた時間内での入場でしたが、豊洲の新たな街づくりと魅力に触れることが出来ました。

16日(水)〜18日(金)2泊3日の3学年フィールドワーク(東京)は、終了です。ただ楽しむだけでなく、みなで共に楽しい思い出をつくりあげようと頑張る姿勢が5分前行動徹底などからも伝わってきました。この3日間だけで一人ひとりの意識の変化が見られました。

115名全員大きな事故や怪我もなく、無事各自帰宅することが出来ました。今回この修学旅行に向けておもてなししてくださった方々や家族などのおかげでもあります。感謝の気持ちも忘れず、また来週からも成長していきましょう。

2022/11/18

【3学年】フィールドワーク3日目①

【3学年】フィールドワーク3日目① その1 【3学年】フィールドワーク3日目① その2 【3学年】フィールドワーク3日目① その3 【3学年】フィールドワーク3日目① その4

フィールドワーク(東京)3日目最終日の午前中には、東京大学と早稲田大学に分かれ、大学見学です。
卒業生から校舎や大学での学びについてのお話を頂き、交流を深めました。来年から高校に進む中学3年生。「大学はこんなところなんだ!」と少しでも大学の雰囲気を感じ、来年からの進路へのイメージに繋がる実りのある時間となったはずです。

2022/11/18

【3学年】フィールドワーク2日目②

【3学年】フィールドワーク2日目② その1 【3学年】フィールドワーク2日目② その2 【3学年】フィールドワーク2日目② その3 【3学年】フィールドワーク2日目② その4

フィールドワーク2日目後半の行き先は、東京ディズニーランドです。
スモールワールズでの班別学習の反省を活かし、東京ディズニーランドでは、「集団行動」を意識した班活動を推進委員から強く呼びかけました。
推進委員筆頭に集合時間等ルールの声かけをしつつ、115名全員、夢の国で楽しい思い出づくりをしたことだと思います。
ゲートを出てからも見送りをしてくれるキャストの方に、しっかりお礼を言い、バスへ向かう生徒もいました。今日1日で多くの経験が出来たことに感謝です。
みんなで楽しむ姿勢を忘れずに、2日目を終えます。

2022/11/17

【3学年】フィールドワーク2日目①

【3学年】フィールドワーク2日目① その1 【3学年】フィールドワーク2日目① その2 【3学年】フィールドワーク2日目① その3 【3学年】フィールドワーク2日目① その4

フィールドワーク(東京)2日目前半は、スモールワールズTOKYOにてポスター作りです。
スモールワールズTOKYOは、屋内体験型ミニチュア・テーマパークで、実際にミニチュアの模型などを従業員の方が作成されている過程を見学することも出来ます。
今回3学年は、SDGsポスターをクラス班に分かれて、作成しました。施設内にあるミニチュアの世界へ実際に足を運び、iPadでポスターの題材になる模型をカメラに収めます。
ポスターの題材も勿論ですが、まず目の前の模型に生徒は興味津々。様々な職業の世界観を味わうことができました。
小さな世界を楽しみ、目の前の事柄や職業・キャラクターへの視点を変えて見ることを学びました。

2022/11/17

【3学年】フィールドワーク1日目②

【3学年】フィールドワーク1日目② その1 【3学年】フィールドワーク1日目② その2 【3学年】フィールドワーク1日目② その3 【3学年】フィールドワーク1日目② その4

フィールドワーク1日目後半の行き先は、東京スカイツリーそして東京都観光汽船に乗り、お台場へ。
スカイツリーからの夕焼けと東京都観光汽船の綺麗な夜景に3学年は大盛り上がりでした。
東京都観光汽船からは東京タワーも見ることが出来ました。
1日目にして東京の街並みを満喫した3学年です。

2022/11/16

【3学年】フィールドワーク1日目①

【3学年】フィールドワーク1日目① その1 【3学年】フィールドワーク1日目① その2 【3学年】フィールドワーク1日目① その3 【3学年】フィールドワーク1日目① その4

フィールドワーク(東京)1日目前半の様子です。
9時名古屋駅に集合し、国会議事堂・浅草寺へ向かいました。1日目のスケジュールは盛りだくさん。浅草から東京スカイツリー、東京都観光船に乗ります。生徒115名それぞれ充実した時間を送っています。

2022/11/10

【5学年】三重大学模擬講義

【5学年】三重大学模擬講義 その1 【5学年】三重大学模擬講義 その2 【5学年】三重大学模擬講義 その3

11/7(月)・10(木)に分けて、三重大学の先生方にお越し頂きました。
月曜は文系選択者対象でした。
「法は環境を守れるか~環境問題と法律学」という主題で、人文学部法律経済学科教授 岩崎恭彦様に講義頂きました。
木曜は理系選択対象者でした。
「再生医療と人工臓器」という主題で、工学研究科分子素材専攻助教 晝川政希様と研究室所属の森様に講義頂きました。
写真は木曜の様子です。
実物の人工腎臓などをお持ちいただいていたので生徒が教壇に集まっています。
生徒の熱心さが良く分かる、充実した二日間でした。

89 件