2022/03/04

四日市大学研究機構「関孝和数学研究所」オンライン講演のご案内

四日市大学研究機構が2009年から開設している「関孝和数学研究所」がZoom開催する数学史についての講演会のご案内です。
同研究所副所長で四日市大学名誉教授の小川束(つかね)先生は環境情報学部で長年指導にあたり、数学史の第一人者として、京都大学等の研究グループにも参加しています。
講演では、江戸時代の数学者、建部賢弘(たけべかたひろ)が42桁の円周率などの研究成果をまとめた数学書を徳川吉宗将軍に献上した史実を題材に、今から300年前の数学について考察します。大人の方だけでなく、高校生、数学に興味がある中学生もお気軽ご視聴ください。
講演日時:令和4年3月13日(日)13:00-14:00
講演者:小川束<四日市大学名誉教授>
テーマ:「建部賢弘『綴術算経(てつじゅつさんけい)』300年」
受講料:無料 (今回限りの視聴登録で、入会手続きなどはありません)
申込登録締め切り:3月10日(木)

SKIMレクチャーズ第4回申込ページ (google.com)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfM-95iCfWc-kwOOJt1y7oH7fISikdGDUQEqQvgbdSMuAS-Jg/viewform
関孝和数学研究所 (seki-kowa.org)
https://www.seki-kowa.org/