主な年間行事予定表(2021年度)

行事 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、行事の変更を行う場合があります。
4月 進級式・入園式・園外保育・クローバー(預かり保育)<通年実施>・身体測定・誕生会(毎月実施)・親子遠足(年少,年長)・ミューズ及びガイア(就学前預かり保育)開始・避難訓練(園内)
5月 公開保育(全園児)・PTA総会・PTA役員会・親子遠足(年中)・プチクローバー(2歳児)及びスマイルクローバー(1歳児)開始・園外保育・田んぼでの泥んこ遊び・田植え
6月 衣替え・夏の合宿説明会(年長)・プール開き・検診(内科・歯科・視力・聴力)・芋苗植え(年長)・暁小学校1日体験入学及び幼小交流(年長)・プラネタリウム(年長)・夏の合宿(年長)・富洲原中学への避難訓練・よつば組(満3歳児)開始
7月 七夕集会(全園児)・終業式・夏期特別保育・暁高校生保育体験・スクールバス避難訓練・暁幼小教育フォーラム
8月 園体験見学会・夏期特別保育・暁高校生保育体験・暁高校合唱部交流・暁高校バトン部交流・入園願書受付開始
9月 始業式・園外保育・身体測定・入園検定
10月 衣替え・運動会予行・運動会・稲刈り・芋掘り体験(年長組)・観劇会・ハロウィンパーティー・園外保育・個人懇談会(年長)・社会見学(年中)・収穫祭・土曜親子講座①
11月 公開保育(年中・年少)・プチクローバー(2歳児)とよつば組(満3歳児)体験会受付(Ⅰ期)・避難訓練・ちょこっとクラシック(年長・中)
12月 冬のつどい・個人懇談会(年中・年少)・クリスマスパーティー・やき芋パーティー・お買い物体験(年中)・PTA役員会・終業式
1月 始業式・公開保育(年長)・幼小交流(年中)・火災避難訓練・身体測定・土曜親子講座②
2月 春のつどい(年中)・1,2歳児体験会受付(Ⅱ期)
3月 園外保育・PTA役員会・春のつどい(年少)・卒園式・修了式

前期

入園式

ほとんどの入園児が2歳児保育を経験しています。そのため子どもたちも落ち着いて入園式に臨みます。

親子遠足

鳥羽水族館(年長組)・鈴鹿サーキット(年中組)、南部丘陵公園(年少組)へ学年ごとに親子で行きます。仲間とかかわりながら親子でゆったりとした時間を過ごします。

夏の合宿(年長組)

湯の山温泉の湯の山ロッジに1泊します。親元を離れて初めて友達と寝食を共にし、精神面でも生活面でも子どもたちの自立につながります。子どもたちだけでなく、初めて我が子が手元を離れる保護者にとっても大きな意義を持っています。

泥んこ遊び・田植え・収穫祭

園内の田んぼで全学年が泥んこ遊びをします。その後年長児が田植えをし、秋には稲刈りや稲干し、足踏み脱穀機での脱穀を体験します。収穫祭では、全園児がおにぎりを作って、収穫した実りを味わいます。

中期

七夕集会

各クラスや学年で歌やダンス、合奏を披露します。1学期に取り組んで来た歌や合奏を互いに披露し、1学期のクラスづくり・保育の節目としています。

運動会

当日までに各学年でこれまでの製作力を生かした作品を作り上げます。当日は司会から表彰まで年長児全員がそれぞれの役割を分担し、自ら考え、判断して主体的に運動会を運営する子どもたちの総合力の祭典です。年長児を中心とした共同的な活動ですが、園児のみならず、親・卒園児・2歳児・1歳児なども参加してみんなの力でつくり上げます。

暁小学校1日体験入学・幼小交流(年長組・年中組)

就学の意識が高まりつつある年長児が、小学校の授業や生活を体験し、小学生と交流します。 幼小連携の具体的な取り組みの一つです。 日ごろのミューズ(就学前預かり保育)でのことばの学びや学習規律がこの場でも生かされます。 子どもたちは、入学への自信や意識をここでより強くします。そして1日体験入学として、小学校の教師の授業を実際に体験します。こうした年長組と小学校5年生との間での交流を通して、子ども同士のつながりが深められ、小学校生活をより身近なものに感じるとともに就学への意欲を高めていきます。 入学後も新6年生と新1年生とのつながりは深く、このクラス交流のかかわりが入学後もつながっていきます。
また、年中児は3学期に小学校へ行き、4年生と交流をします。次の年長組を意識した子どもたちが小学校へも目を向けます。この関係が次年度の年長児と5年生につながっていきます。

冬のつどい

年長組が1ヶ月以上かけてクラスごとにつくり上げたクラス劇を発表します。 仲間とのつながりが深まり、それぞれの個性を発揮します。 演じ切った子どもたちは、自信と達成感を持ち、互いの力を認め合います。 年少組は歌を、年中組は学年合奏と合唱を発表します。2学期のクラスづくり・保育の節目としています。

後期

春のつどい

年中組のクラス劇、年少組のクラス劇を2日に分けて発表します。劇以外の学年は、歌や合奏を発表し、全園児がかかわります。年長組は鍵盤ハーモニカを合奏して小学校につなげ、年少・年中組は1年の締めくくりの場になります。 個々にふさわしい台詞や言い回し、動作やダンスなどで表現してみんなで作り上げる楽しさを味わいます。

卒園式(年長組)

子どもたち一人ひとりに卒園証書が手渡され、親子で言葉を交わします。子どもたちは英語も交えて「大きくなったら」を親に伝えます。歌あり、涙あり。子どもとともに保護者自身も幼稚園生活との別れ、卒園の時です。

通年

土曜親子講座

第1・3・5土曜日は、「土曜外遊びデー」として午前保育を自由登園で行っていますが、それ以外の土曜日で年間2回、親子で体験し、楽しむ機会を設けています。

〔2020年度の予定〕
・「演奏とお話のちょこっとコンサート」太田太郎・千賀子(ピアニスト)
・「親子で邦楽」浜口喜峰山(新いぶき)
〔過去の講座〕
・「癒しのタッピングタッチ」中川一郎(日本タッピングタッチ協会)
・「ふれあいあそび」小野敦子・栗田佳代子(朝日町レクリエーション協会)
・「親子でクラシック」有竹信貴 他(四日市交響楽団・風の谷ウィンドアンサンブル)
・「絵本に親しむ」松岡由香(朗読&読み聞かせアーティスト)
・「いのちのものがたり~誕生学~」長屋麻衣子(誕生学コーディネーター)
・「親子クッキング」中川英津子(管理栄養士)
・「ふれあいダンス」池田裕美子・麻続愛莉(イケダダンススペース)
・「わらべうた、ふれあい遊び」三宅邦夫・山崎治美(中部日本生涯活動協会)
・「ガーガーズと遊ぼう」しんご・のんちゃん(gaagaas)


クラッシックコンサート


ふれあいあそび


癒しのタッピングタッチ


親子で邦楽