暁幼稚園のホームページをご覧いただきありがとうございます。

暁幼稚園は、暁小学校、暁中学校・高等学校(6年制)、暁高等学校(3年制)、四日市大学、四日市看護医療大学・大学院を擁する三重県下唯一の総合学園「暁学園」の一翼を担っている幼稚園です。

本園は、終戦直後の1946年、学園創立とともに開園し、おかげさまで昨年度75周年を迎えることができました。暁学園の中でも、最も長い歴史を刻んでいる伝統ある幼稚園です。保護者の皆様の中には、当園を卒園され、長きにわたりご支援をいただいている方々も多数いらっしゃり、お子様が通う園として暁幼稚園を選んでいただけていることを大変嬉しく思っています。

暁幼稚園では、学園綱領「人間たれ」の建学の精神のもと、愛と感謝を基調に、個性を尊重した丁寧な教育に取り組みます。一人ひとりの子どもの小さな伸びを見逃すことなく、子どもに伝え、保護者とともに喜び合い、さらなる成長へとつなげていきます。暁幼稚園の教育方針は、「子どもを軸に、子どもの目の高さで、子どもを子どもらしく、のびのびと育てる」です。人格形成の基礎となる大切な幼児期に、心の豊かさと人としてのやさしさを有する調和のとれた人間の育成を目指します。

教育環境も教育方針を反映して、森の中の幼稚園構想をもとに、木造平屋建ての木の温かみが伝わる園舎と、広々とした緑豊かな園庭には、東屋や築山、木製アスレチックなどが造られています。かえでの林やどんぐり山もあり、春には桜やタンポポの花が咲き、夏には蝉取り、秋にはどんぐり拾い、冬には落ち葉を集めて焼き芋パーティーを行うなど、子どもたちが季節を感じ、五感を磨きながら自然の中で遊んで育ち、まさに「遊びこそが学び」を実現することができる環境となっています。

子どもたちの遊びの中には、様々な可能性が秘められています。例えば、虫を捕ったり、植物・野菜などを育てたりする体験活動からは、科学の目を養い、探求することの面白さを感じることができます。また、遊びの中で、自分にはやりたいことがあるけれどなかなかうまくいかないという時には、どうすればやり遂げられるか、どうすれば解決できるか、真剣に考えます。時には、一人でじっくりと考えることで思考力が、またある時には、仲間と力を合わせ相談しながら解決することで協調性が培われます。これらの活動を通して、最後まであきらめずにやり抜く姿勢やお互いに認め合い協力してことを成し遂げることで社会性を身に付けることができます。もちろん、その過程において、学び合うために必要なコミュニケーション能力(聴き合う力、話し合う力)を育むこともできます。また、体育的な遊びの中では、しなやかな動きや体幹が鍛えられ、調整力のある体を作ることができます。暁幼稚園では、子どもたちの活動を見守り、子どもが何をしようとしているのか、何に困っているのか、どのような支援が必要なのかを見極め、子どもたちの成長を促すため最大限に支援していきます。

そのほか、園では、総合学園としてのメリットを活かし、学びの連続性による学校間教育連携を積極的に進めています。例えば、小学校英語教師による英語活動、小学校へ訪問しての授業体験や小学生との交流、高校生による幼稚園実習、四日市大学サッカー部によるスポーツ教室など、様々な場面を通して「人」とつながる機会を大切にしています。特に、暁小学校とは連携を密にし、数や形、言葉の理解を深める活動を取り入れ、子どもたちが安心して小学校に就学できるよう努めています。

このように、本園では、建学の精神「人間たれ」に基づき、暁幼稚園ならではの人間教育を推進するとともに、目に見える基礎的な力と数値化されにくい目に見えない非認知的な力をバランスよく育んでいきます。そして、お子様の将来を見据え、常に保護者の皆様とともに歩んでまいります。

園長 近藤 まり