創立75周年という節目に理事長に就任しました。最初の四半世紀に暁幼稚園の開園、暁中学校・暁小学校の開校、および暁高等学校(全日制・定時制)の開校、暁学園短期大学の開学と続き、半世紀までには暁中学校・高等学校の中高一貫6年制が発足、四日市大学が開学し、次の四半世紀には四日市看護医療大学が新設され、幼稚園、小学校、6年制中学校・高等学校、3年制高等学校、二つの大学まで、5校1園を擁する総合学園となって今日に至っています。

各校は一貫して、暁学園の建学の精神 「人間たれ」、すなわち人を愛し、学問を愛し、美を愛する豊かな人間形成を教育理念に据え、初等教育においては、「学び合い、認め合い、深め合う」児童同士の関係づくりを通して協働的な問題解決能力や自治管理能力の育成を、中等教育においては、高い学力の形成とともに論理的思考力、判断力、表現力を培い課題を主体的に解決する資質を身につけることを、そして高等教育においては、高度な知識・技術の習得をもって「世界を見つめ地域を考える」真の地域貢献を担う人材育成を、それぞれ目標とした教育を実践しています。

現在社会は、地球規模の困難で緊急度の高い数多くの課題に直面しています。次の四半世紀の入り口に立つ学園を取り巻く社会状況は、今後ますます変化の速度を増し、複雑で予測困難な時代に入ったと言われています。今、改めて宗村南男第三代理事長の言う教育理念「社会の複雑化が進めば進むほど、人間の知恵と心のバランスは強調され、心の豊かさや人としてのやさしさ、主体的に判断し行動できる人格が求められるものです」に立ち返り、人間教育に裏打ちされた特色のある教育をさらに充実させるべく、学園経営に臨んでまいります。