「文化国家の建設は次代を担う国民の教育の振興にあり」

第二次世界大戦が終結して間もない頃、日本が真の文化国家として新生し、平和で豊かな国として発展するには、教育水準の一段の向上、特に女性が教養を高め、女性の社会的地位を向上させることが絶対要件であると考えたのが、平田紡績株式会社の宗村佐信社長でした。当時、女性が学べる専門高等教育機関がなかった三重県では、学ぶ意欲があっても、高等学校卒業以降の高等教育機会を得られない女性が多くいました。そこで、宗村社長は当時の四日市市長吉田勝太郎氏と協力し、「文化国家の建設は次代を担う国民の教育の振興にあり」との趣意の下、1946年3月財団法人暁学園を創立し、県下初の私立女子専門学校が開設されました。暁学園は、豊かで平和な民主国家の実現に貢献することをめざし、向学心あふれる女性のために誕生した学園なのです。

その後も学園は地域から強い要望を受け、既に設置されていた幼稚園に続く、小学校、中学校、高等学校を次々と開校し、1950年には、暁女子専門学校を暁学園短期大学に改組する認可を受けました。創立者宗村佐信先生は、教育への熱意と並々ならぬ奉仕的精神からその半生と私財を捧げ、戦後復興途上の厳しい世情にもかかわらず、県下唯一の総合学園を完成する画期的偉業を成し遂げました。